2009年05月12日

腰痛の原因は座ったままの姿勢?

腰痛の原因は様々ですが、実は座った姿勢がいちばん腰に対してストレスが かかるということをご存じでしょうか?

一見座っているのは楽そうに見えますが、
立って動いているよりずっと腰に負担がかかっているのです。

運転手など長時間の車の運転をしなくてはならない人は、 座っているというストレスのうえに、さらに振動という圧力が椎間板にかかってきます。

しかも普段からそれを補うようなトレーニングやスポーツをしている人ならともかく、
仕事のあとは家の中でごろ寝でテレビを見るだけといった、仕事と休養だけを繰り返しているような人たちはどんどん筋力も落ちて、ますますストレスに耐えられない状態をつくってしまいます。

これで、腰痛にならなかい方が不思議なくらいです!

小さな子供たちは10分も同じ姿勢で座ってはいないでしょう。
あれは、体にかかるストレスに歪みに対して体が反応し、これから逃れるために、自然に体を動かすとも言われてるのです!

座って長時間仕事をする人はときどき仕事の手を休め、
姿勢による筋肉へのストレスをとり除く運動をしたり、
仕事をしながらでも姿勢を少しずつ変えるなどの注意が必要です。

その効果的な方法を知りたい人はこちらをご覧ください。

>>詳細はコチラ!

【参考サイト】
自宅で出来る腰痛治療法
腰痛解消に効く筋肉 トレーニング
鞍ケ池ヘルスケアの腰痛治療
タグ:腰痛 原因
posted by 腰痛の治し方 at 00:52| 腰痛の治し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。